*

FX・為替差益とは

公開日: : その他

FXで利益を出すための方法は大きく分けるとふたつあります。

今回はそのうちのひとつ、「為替差益」についてです。

この方法は為替レートの変動を利用して売買を行うものです。

例えば、1ドル=100円の時に円を売ってドルを買うとします。

この状態を「ドルの買い持ち」といい、持ち高のことを「ポジション」と呼びます。

為替レートが1ドル=120円に上がった時(ドル高/円安)にドルを売って円を買い戻します。

すると差額20円が利益となるのです。

またFXには「買いポジション」の「安く買って高く売る」というものと、「売りポジション」という「高く売って安く買い戻す」というふたつの売買方法があります。

相場の動向に合わせて、買いと売りの両方からポジションを持つことが可能なのです。

この買いと売りのポジションの違いを理解することが、FXにおける最初の第一歩となります。

他の外貨投資では、円高から円安へ向かわなくては利益が出ない仕組みですが、FXの場合は円安・円高どちらでも利益を出すことが出来る投資なのです。

タイミングとしては、為替相場が上昇すると思う場合には「買いポジション」、相場が下降すると思ったら「売りポジション」を持つと良いでしょう。

最初は慣れないでしょうが、「チャート」という相場の値動きを表したグラフを見ながら考えてみると、わかりやすいと思います。

関連記事

no image

【新世代不動産投資】物置大家さんってすごいんです!レンタル収納スペース投資マニュアル

商材内容 :レンタル収納スペースを利用した新世代不動産投資法のノウハウ 価  格 :19,700詳細

記事を読む

no image

スキャルFX

商材内容 :忙しい人や主婦のために、1日1時間〜2時間くらいで何度かトレードチャンスがある手法を公開

記事を読む

no image

FX初心者に最適な業者とは

FXを始めてみたいけど、どこのFX業者に口座を開設すればいいのかわからない。 どんなところを基準に

記事を読む

no image

金投資の正攻法 月10万円を手堅く稼ぐ!「ゴールドワラント投資法」

商材内容 :月10万円を手堅く稼ぐ、金投資の正攻法 価  格 :24,800詳細はこちら金投資の正攻

記事を読む

no image

【モナリザオ-バードライブ】ロングターム戦略・スイング戦略向け端末

商材内容 :中期・長期トレンドの転換点を導き出し、トレンド分析のサポートを行うツール 価  格 :9

記事を読む

no image

半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード『ほくほくFX Ver.2.0』

商材内容 :時間をかけないシステムトレードで資産運用の手間から解放!簡単FXトレード法のノウハウ 価

記事を読む

no image

【ご注意:予定数になり次第即販売停止!】資金30万を片手間取引で1968万にしてしまったずぼらサラリーマンの手法を緊急限定公開!どの株商材でも教えてくれない手法とは・・・

商材内容 :片手間でサクサク稼げる株取引の手法ノウハウ 価  格 :14,800詳細はこちら【ご注意

記事を読む

no image

【入門編&実践編】チャーリー・タカが教える「タックスヘイブン究極の活用法」

商材内容 :税金がかからない(極端に安い)場所で資産を作るための方法 価  格 :24,600詳細は

記事を読む

no image

海外FXプロトレーダーのシグナル配信を完全自動売買「プロポジFX」

商材内容 :海外のプロのトレーダーのシグナルで売買できる「完全自動売買の手法」価  格 :39,80

記事を読む

no image

暴落にどう対応すればいいのか?

商材内容 :これから来るかもしれない「暴落」に備えるためのノウハウ 価  格 :5,000詳細はこち

記事を読む

no image
【試用版無料提供中】外国為替で2ヶ月:5000pips獲得!!HT-Filter System

商材内容 :トレンドに焦点を絞ることでリスクを抑制する為替取引システム

no image
DREAM CFD

商材内容 :日経225先物の売買手法をCFDの取引に応用した投資テクニ

no image
GOLDEN ポンド FX

商材内容 :ポンド円に特化したFX投資手法 価  格 :9,800詳細

no image
【嵐の前の静けさ】暴騰銘柄で誰でも簡単に利益を得る投資手法

商材内容 :2段階で銘柄を絞り込み、利益が出たところで売る投資法価  

no image
相場の大波に乗り遅れないための株式投資術セミナー

商材内容 :現役勝ち組トレーダーが具体的かつシンプルな3ステップ投資法

→もっと見る

PAGE TOP ↑