*

FX注文方法

公開日: : その他

注文方法には新たにポジションを持つための「新規注文」とポジションを決済するための「決済注文」があります。

「新規注文」には「プライスオーダー系注文」と「リーブオーダー系注文」があります。

プライスオーダー系注文とは、リアルタイムのレートをみながら注文を出す方法です。

マーケット注文ともいい、発注時にスリッページ(指示されたレートと実際に約定したレートとの差)の許容幅を任意に設定することが出来る注文方法です。

クリックした瞬間に表示されていた取引レートと、その注文情報がFX会社のサーバーに到着した時点での取引レートとのポイントの乖離が、設定したスリッページの許容幅に収まる場合には、乖離の方向に関わらずすべての注文が約定します。

もうひとつの「リーブオーダー系注文」とは、あらかじめレートを指定して注文を出すことです。

「指値注文」「ストップ注文(逆指値注文)」とも言います。

指値注文とは、このレート以上で「買い」または「売り」など、ピンポイントでレートを指定して注文を出す方法です。

「現在のレートよりも安く買いたい、高く売りたい」時に適した注文方法です。

「ストップ注文(逆指値注文)」とは、レートを指定する点では指値注文と同じです。

が、その性質は全く逆のものです。

「現在のレートよりも高く売りたい、安く買いたい」という場合に適した注文方法で、主に損失を抑えたり、一定の利益を確保するために使われています。

ストップ注文は相場の上昇力や下降力をみる場合に活用されます。

損失を最小限に抑えて、利益を確保するためには大切なものです。

関連記事

no image

金投資の正攻法 月10万円を手堅く稼ぐ!「ゴールドワラント投資法」

商材内容 :月10万円を手堅く稼ぐ、金投資の正攻法 価  格 :24,800詳細はこちら金投資の正攻

記事を読む

no image

GOLDEN ポンド FX

商材内容 :ポンド円に特化したFX投資手法 価  格 :9,800詳細はこちらGOLDEN ポンド

記事を読む

no image

不動産投資の危険なワナ10連発とワナに嵌まらないための秘策!

商材内容 :成功した不動産投資家だけが知る秘策のノウハウ 価  格 :4,800詳細はこちら不動産投

記事を読む

no image

区分マンション(ワンルームマンション)で資産を築く方法

商材内容 :ファイナンシャルプランナーが自ら実践するワンルームマンション投資についてのノウハウ 価 

記事を読む

no image

榊淳司の「マンション値引き交渉術」

商材内容 :マンションの値引き交渉術ノウハウ 価  格 :12,600詳細はこちら榊淳司の「マンショ

記事を読む

no image

【試用版無料提供中】外国為替で2ヶ月:5000pips獲得!!HT-Filter System

商材内容 :トレンドに焦点を絞ることでリスクを抑制する為替取引システム 価  格 :39,800詳細

記事を読む

no image

半年で運用利回り17.8%の簡単システムトレード『ほくほくFX Ver.2.0』

商材内容 :時間をかけないシステムトレードで資産運用の手間から解放!簡単FXトレード法のノウハウ 価

記事を読む

no image

スキャルFX

商材内容 :忙しい人や主婦のために、1日1時間〜2時間くらいで何度かトレードチャンスがある手法を公開

記事を読む

no image

【10月12日値上げ】GPVFX

商材内容 :10万円の資金から月300万円を目指す全く新しい少額資金有効活用投資術 価  格 :18

記事を読む

no image

FX口座開設時に知っておくべきこと

FXを始めよう、と思った時にまず心得ておかなければならないことがいくつかあります。 まずひとつは「

記事を読む

no image
【試用版無料提供中】外国為替で2ヶ月:5000pips獲得!!HT-Filter System

商材内容 :トレンドに焦点を絞ることでリスクを抑制する為替取引システム

no image
DREAM CFD

商材内容 :日経225先物の売買手法をCFDの取引に応用した投資テクニ

no image
GOLDEN ポンド FX

商材内容 :ポンド円に特化したFX投資手法 価  格 :9,800詳細

no image
【嵐の前の静けさ】暴騰銘柄で誰でも簡単に利益を得る投資手法

商材内容 :2段階で銘柄を絞り込み、利益が出たところで売る投資法価  

no image
相場の大波に乗り遅れないための株式投資術セミナー

商材内容 :現役勝ち組トレーダーが具体的かつシンプルな3ステップ投資法

→もっと見る

PAGE TOP ↑